読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナチュラルかわいいの研究室

ワタシが、“トキメキ”を感じた時のキュンっとした気持ちを閉じ込めて。発信中…♡

児童虐待防止月間

おはようございます。

 

11月から、児童虐待防止月間が始まったのはご存知ですか?

 f:id:syu9ri6:20161031211713j:image

私は、お仕事の関係で

児童虐待について間接的ではありますが

関わる機会があり

 

その度に、罪のない子どもたちの尊い命が失われたり

子どもたちの人生が傷つけられ、辛い思いをしている子どもたちがいる事を知り

 

本当に、悲しく思っています。

 

今日から11月がスタートという事で

この社会問題について

お話したいと思います。

 

私が最近読んだ記事で

涙が止まらなくなってしまった。

この記事。

 

苦手な方はこれ以降

読まないよう、お願いします。

 

 

「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

 

一部抜粋

 

 「この子をこのまま置いておくわけにはいかない」

 不機嫌になっていく交際相手の男性の様子を見て、24歳(当時)の女性はそんな気持ちになっていった。

 3歳の一人娘は、別れた元夫との子ども。同居を始めた男性は、徐々に娘の存在をうるさがるようになっていた。この朝も不機嫌になってトイレに閉じこもると、ドアを殴って壊した。

 夕方、保育所に娘を迎えに行った後、まっすぐ帰宅せず、近所の実家に寄った。母に預かってもらいたかったが、娘が風邪気味でできなかった。

 午後8時前、自宅アパートに戻った。食器を片付けようと台所に行くと、娘が泣き始めた。眉間(みけん)にしわを寄せ、大きなため息をつく男性を見て、娘とアパートを出た。子どもを預けられそうな施設をネットで探したが、見つからない。「この子がいなくなるしかない」。そう思い詰めた。

 午後10時過ぎ。近くの川に架かる橋のそばに車をとめ、娘を両腕に抱いて橋の欄干に立たせた。

 車が通るたび、娘を欄干から降ろす。3度目、娘を抱く手を伸ばし、宙に浮く状態にしてみた。川面からの高さは4メートル以上。娘はにこっと笑い、突然こう言ったという。

 「バイバイ

 手を離した。ドボンという音が聞こえたが、その場を離れたくて車まで走った。自宅の前で車を止めると車内で少し泣き、部屋に戻った。

 翌日、橋の約1キロ下流で女の子の遺体が見つかった。3歳の誕生日を迎えたばかりだった。

 

 

とても衝撃的な記事でした。

私の考えは、あえて載せません。

 

ただ一つ言えるのは、この女の子の命を救う方法は無かったのか?と

ただただ、悲しく思います。

 

 

もし、誰かが危険に気づいて

SOSを拾えていたら。。。

そう悔やんでも悔やみきれません。

 

みなさんは「189」という番号はご存知ですか?

 

189とは全国の児童相談所共通の短縮電話番号です。

 

189は、いちはやく

と覚えてください。

 

匿名での通報も可能です。

 

あなたの勇気ある行動が、

子どもの命を救う。

命綱になりえます。

 

 

子どもは、どんなに虐待を受けても

今まで冷たい家庭で育ち。それが当たり前だと思っていると

自分からSOSを発することは少なく、

また、育児ノイローゼなど

まだ、その子どもがSOSを伝えることができないまま

命を落とすことも少なくありません。

 

深刻なこの社会問題を解決するには

大人、ひとりひとりが目を光らせていくことが不可欠だと私は考えます。

 

これを機会に、一件でも多くの虐待被害が発見される事を祈っています。

 

今日もお付き合いありがとうございます。

 

ミスユニバース宮城大会のWeb投票を開催しております。

 

1日1票の投票にご協力お願いいたします。

伊藤美穂|2017ミス・ユニバース・ジャパン宮城大会